吹き抜けへと続く室内階段手摺

建築の吹抜け部のR(アール)デザインに形状をあわせてR(アール)状に曲げたロートアイアンの手摺です。
既製品と異なり自由にサイズと形状を変えられるところもロートアイアンの特徴の一つです。
建築家の方と施主様のこだわりの吹抜け部との関係性が美しい空間につけていただけました。

手摺の設計過程では鋼材を出来るだけ細くなおかつ強度を保つために、仮デザインの段階でサンプルを製作現場にて仮設置して機械的に一定の力を加えて強度の確認をしながらデザイン設計をおこないました。

—  Houzz
Related Photo Topics
This photo has no questions