古城ヶ丘の家

古城が丘の家 HEARTH ARCHITECTS
本計画は、クライアントの「ひとつ屋根の下」というキーワードからスタートした計画です。敷地は間口が広く南西角地で敷地の広さにも余裕のある好立地な条件。

そこでその立地条件をいかし南北に大きな屋根をかけ、外部から内縁側、内部、そして二階へとその大きな屋根がひと続きで繋がり、仕切りを最小限にすることで「ひとつ屋根の下」で「家族がひとつになれる」住まいを目指した。将来性を考え子供室以外を一階に配置した、開放的な外構と軒の深いどっしりとした平屋のような佇まいは、この地域でのひとつの象徴となる建物となった。

—  Houzz
Related Photo Topics
This photo has no questions

What Houzzers are commenting on:

pamelmmc
p Warren added this to Home office15 February 2018

Example of Shoji screen doors as dividers

Living Rooms with Similar Colours
Rustic Living Room
Southampton
Interior in Oak Hill
House on the Neck
Pool House
Sandpoint Traditional
Family Room
Дом в скандинавском стиле